過度なストレスは健康な生活を阻害する

体にも現れる症状|ストレスを放置しないで原因徹底究明

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神的な問題を解決する

女性

ストレスは、あらゆる病気のもとになります。精神的な病気から肉体的な病気にまで発展することがあるので、病院を上手く活用して治療も組み合わせながら自分の症状によく合う治療を行っていくことが大事になります。

詳細へ

ストレス管理を大切に

カウンセリング

ストレスは、誰もが抱える辛いものです。ストレスを抱えて人は生きています。上手に解消できる方は病気にはなりませんが、解消できない方が症状に悩まされます。いつ誰がストレスが原因で病気になるかわからないということを理解しておくと良いかもしれません。しかし、治療をすると緩和します。

詳細へ

多岐に渡った状態になる

悩む女性

心療内科を受診しよう

現代人は様々なストレスを抱えている人が多いと言われています。主なところは仕事です。仕事に関する悩みを抱えている人などは、様々な症状が出てしまうことがあります。例えば、頭痛や吐き気、倦怠感といったものです。これらは特に病気ではなく、ストレスからきていることも考えられます。仕事がイヤでたまらなかったり、辛かったりする場合にはストレスの可能性が高いと言えます。思い切って、仕事を休んでみるのも一つの改善方法です。ところが、実際には、なかなか仕事を休むことはできない人が多くなっています。そんな時には、心療内科を受診してみるといいかもしれません。心療内科ではストレス改善の方法を提案してくれます。ただ担当医に話を聞いてもらうだけでも、気持ちがスッキリするという人も居ます。心が軽くなれば、もちろん、ストレスも軽減されたはずです。特に、様々な症状が体に出ている人は注意が必要です。体が悲鳴をあげている状態だからです。これは早急に対策を練らないと、さらに症状が悪化してしまうこともあります。例えば、食べ物を受け付けなくなるという人も居ます。食べないと、当然痩せてきます。つまり、拒食症になってしまうこともあるというわけです。

素人判断は難しい

体の不調がストレスからきている症状なのか判断することは、難しいものがあります。場合によっては、もっと重篤な病気かもしれないからです。それを判別するためにも、心療内科や精神科を受診してみると安心です。心療内科や精神科というと、あまりいいイメージを持っていない人も居ます。受診に抵抗がある人は最寄りではなく、少し遠くまで足を伸ばしてみるというのもいいかもしれません。そうすれば、少なくとも、近所の知人などに通院しているところを見られる心配はありません。また、ストレスは主に胃腸に負担をかけてしまうことがあります。食欲不振もその一つですが、痛みの症状が出ることもあります。胃がキリキリする場合、これは胃炎や胃潰瘍の可能性もあるので、胃腸科を受診してみるのもいいかもしれません。それから、便秘や下痢を繰り返すといった症状が出ることもあります。過敏性腸症候群の可能性が高いと言えます。過敏性腸症候群はストレスが関係していると言われているため、要注意です。また、この場合、ストレスを改善できれば、症状もかなり緩和されてくるはずです。このように、ストレスをあまり溜め込んでしまうと、全身に様々な支障をもたらしてしまうことがあります。不調を感じた時点で適切な科を受診することが一番です。

増加する現代病の対処法

悩む男性

ストレスは強く受け続けることで、心や身体に不快な症状が出てしまうようになります。免疫の低下や自律神経の乱れを招く原因となってしまうため、うつ病や心身症などを引き起こしかねないのです。症状を抑えるには専門的な治療を受けていくようにし、ストレスに前向きになれる考えや行動もその後に大きく役立ちます。

詳細へ

心が病気になる原因と治療

ナース

人間は環境の変化に適応する能力を持ちますが、環境の変化は心身へのストレスとして病気の原因にもなります。強い精神的ストレスを受けると脳の扁桃体が暴走し、脳に損傷を与えて精神疾患の症状が現れます。精神科では脳科学を応用した治療法を通じてストレスに対する脳の耐性を高め、再発予防までを図っています。

詳細へ