ドクター

数多の症状と向き合おう|ストレスを放置しないで原因徹底究明

このエントリーをはてなブックマークに追加

増加する現代病の対処法

悩む男性

病気になる原因

ストレスがもたらす病気はたくさん存在します。それはうつ病などのような心疾患や、体にさまざまな異変が起きてしまう心身症などが代表的です。ストレスは、精神的または身体的に症状があらわれるようになります。具体的な症状として、常にネガティブな思考や無力感、不眠や食欲不振などです。嫌な状態を受け続けると、次第に思考に余裕が持てなくなっていきます。そして、自律神経の機能が乱れてしまい、生理的な欲求も少なくなってしまうのです。そもそもストレスとは、心に受けるダメージと身体に受けるダメージに分類されます。これらの負担が積み重なることで、徐々に症状が目立ってくるようになります。放置しておいたら症状が悪化するばかりか、治療が困難となってしまう場合もあるので気を付けなければいけません。ストレスによって精神的・身体的に起こる病気の原因は、免疫機能の低下や自律神経や内分泌系の働きが乱れてしまうことにあります。そのために病気になりやすく、心や身体にとっては非常に害のある根源となってしまうのです。もちろん人によってはストレスに対する影響度も違ってはきますが、その人に合った快適さが必要となります。ストレスによって起きた病気には、環境の変化や専門的な治療を受ける姿勢が求められます。それに加えて、無理をせずに十分に休養を取ることにも注意しなければいけません。

上手に対処していく方法

ストレスが原因で起きた病気には、まずは症状を抑えていく対策が必要です。心や身体を休ませてあげると同時に、症状に合った治療を受けていくようにしましょう。そのほとんどが薬物治療となりますが、精神科や心療内科では心理療法も行われています。心理療法にはいろいろな種類がありますが、ストレスに強くなる目的も含まれています。無理にストレスを意識するような治療ではなく、前向きに捉えて上手く対処していく内容となります。この心理療法には、一般的なカウンセリングや認知行動療法などがあります。カウンセリングではカウンセラーとの対話が中心となり、これで自信を持てたり、価値観を変えていくこともできます。自信を持つことはストレスに対する大きな抵抗力となるので、症状の抑制にはとてもいい方法です。そして認知行動療法は、良好な対人関係を築いていくことにとても有効です。現代社会では対人関係に悩む人は多く、それが原因でストレスを感じてしまう場合も珍しくありません。認知行動療法では、学んだことを実際に行動に移していく流れとなります。1つ1つ行動に移して問題が改善されてくるようになるのが目的であり、これで人間関係のトラブルも少なくしていけるのです。また、ストレスが発生する環境に長くいる場合もよくありません。一時的にその場を離れるか、または変更を決断していくのも最適な対策となります。このような場合にも、医師やカウンセラーが適切なアドバイスをしてくれるため、症状の改善に役立ちます。