ドクター

数多の症状と向き合おう|ストレスを放置しないで原因徹底究明

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス管理を大切に

カウンセリング

人は毎日の生活の中で何らかのストレスを感じています。ストレスを感じていない方の方が少ないのではないでしょうか。それは人それぞれです。例えば、仕事の内容があっていなかったり仕事の関係者との人間関係で悩んだり、家庭環境が複雑だったり家族との関係で悩んだり、友人関係の悩みだったり小さなことが積み重なって大きなストレスになることがあります。小さなストレスを少しずつ解消できる方はストレスが原因となって病気になることはありません。しかし、積み重なったストレスを解消できない方はうつ病、躁うつ病、自律神経失調症、不安症などの病気になる可能性があります。または、大切な家族や友人との別れや死、ペットの死などで大きなショックで適応できなくて病気になる方もいます。または、転職、引越しなどの環境の変化に適応できなくて適応障害になる方もいます。これらは、ストレスが原因で起こる病気と考えられます。病気になった方は、心と体のバランスが崩れて苦しみ悲しむことになります。周囲の方には理解されずさらに苦しむことになります。病気になったら治療が必要です。治療をするとストレスが原因の病気は、完治する病気です。原因となったストレスを解消することが早い治療法です。

仕事が原因の方は、仕事を辞めると症状がなくなる方もいます。しかし、人間関係などや家庭環境などでストレスが蓄積された方は、少しずつ治療していく必要があります。入院することも治療法です。入院すると心と体はゆっくり休むことができます。心療内科、神経科、神経内科などを受診すると良いでしょう。薬物治療、環境を変える、嫌なことはやめる、周囲の人の言葉や態度を気にしない、家族の協力を得る、リラックスできることをするなどたくさんの治療法があります。心と体を疲れさせないためにゆっくりと過ごすことが大切です。医療機関でアドバイスを受けましょう。最近、イライラする、感情のコントロールができない、憂鬱な気分になる、自分を否定する、誰にも会いたくない、外出が億劫、人に会うのが怖い、頭痛や吐き気、めまいなどの症状がある方は早く医療機関へ行きましょう。治療をすると症状は緩和すること、病気が原因で様々な症状が出ているということを理解することが重要です。家族にも理解をしていただきましょう。治療している間は、周囲の方の理解も必要です。一人では治療することが困難です。病気のことを告げてゆっくり落ち着いて治療をすることをお勧めします。